格安SIMのFREETELを契約しました

FREETEL SIM for iPhone iPad

格安SIMって魅力的ですよね!ずっとそう思いながら次のiPhoneでるのを待って変更しようとしたのですが、一日でも早く格安SIMに乗り換えたくて見切り発車でFREETELを契約してしまいました(笑)

初、格安SIMって事でなんで格安SIMにしたのか?FREETELを選んだのか?を書いていきたいと思います。

ソフトバンクからの離脱計画

ソフトバンク系列で契約してもう15年過ぎてしまいました…

色々ありまして、小学4年生くらいから親にポケベルを持たされ、その後アステルという今は潰れてしまった会社のPHSを中学卒業まで持っていました。

この時期は機種変するのも格安で中学生でも親の承諾書と電話確認のみで買えた時代でした。

中学卒業と同時にPHSから携帯に変えたのですが、ちょうどその時期に新機種としてでたのが携帯初のカラー液晶がJ-PHONEから発売されたので迷うことなく契約したのを覚えています。

それから会社は移り変わり、「J-PHONE」→「Vodafone」→「Softbank」となり今に至っている状態です。

仕事の都合でどうしてもドコモを持たないといけない時期がありましたが、2台持ちにして解約する事なく利用し続けました。

色々とありましたが、浮気することもなく使い続けるなか、昔よりはるかに携帯代が高くなり継続している人になんのメリットもない状態でそろそろどうにかしたいなと思っていた時に格安SIMがどんどん普及してきたので色々と調べて離脱しようと思うようになりました。

FREETELを選んだ理由

数ある中でなぜFREETELを選んだかというと、格安SIMの中で安定的に速度が出ているのと通信容量が固定ではなく使った分だけの請求になるのが魅力で契約しました。

格安SIMでも速度に差があり一番利用が集中する22時台でYouTubeが全く見れないなどの口コミもあるほどです。安さや名前だけで契約してしまうと後々使えないとなる場合があるので注意が必要です。

使った分だけの請求に関しては、使いすぎてしまう部分もありますが最大でも10GBまでになっているので想定外の出費にはなりません。料金としては最大で3,000円ちょいくらいです。

通信容量が固定の場合は余ったら翌月に繰越できるようになりますが、翌々月までは繰越できないので無駄になってしまう場合もあります。

また他と違うのは、3日間の通信容量が決まっていないところです。

他者では3日間で1GBを超えると速度制限が入りますが、FREETELの場合はこの規制がかからず使えるとのことです。

固定ではなく、従量課金制は賢く使えばとてもお得なプランだと思っています。

FREETELでは、iPhone/iPad専用のSIMを用意しています。これはどういうSIMかというと、AppStoreからアプリをダウンロードする通信容量は加算されないというプランになっています。

いろんなアプリをダウンロードして試したりする人にはお得なSIMカードです。

ゲームとかのアプリは数百MBとなる場合もありますが、通信容量を気にせずダウンロードできるのはいいですね。

アップデートも外で出来るので常に最新版を維持できます。

今はAndroidしか持っていない人でも、今後iPhoneを所有しようとしているのであればこちらのSIMを契約してもいいかもしれません。

そのままAndroidでも使用できます。

APNの設定は公式HPから

FREETEL公式APN設定

Android、iOS、Windowsと設定が違いますが、上記設定ページに設定方法が記載されているので見ながら設定してください。

さいごに

格安SIM業者は、日に日に増えている状態です。

その中で何を重視して契約するのか?は個人の自由ですが、3大キャリアから格安SIMに変更するにはそれぞれのリスクがあります。

サポートが電話のみだったり、速度が遅くなったりとありますが検証しているサイトもいっぱいありますので一度検討してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です