[Mac]OS X El Capitan‎にHomebrewをインストールする

Macを買ってから普通のパソコンとして使用していたのですが、Phalcon開発をしてみたいと思い開発環境を構築する為にHomebrewをインストールしてみました。

コマンドは「brew」となっています。

Homebrewってなに?

そもそも、Homebrewってなんなんでしょう?

調べてみると、OS X用のパッケージ管理ツールでRuby on Railsのコミュニティで評価され普及してきたそうです。

ですので、HomebrewはRubyで書かれており、インストールもrubyコマンドを使ってインストールするようになっています。

ちなみに、Homebrewの読み方は「ホームブルー」だそうです。最初はホームブリューとそのまま呼んでいたのですが違うみたいですね。英語って難しい…

Homebrewの特徴

Homebrewの特徴は、依存関係を極力少なくしているとのことです。

Macに標準で入っているプラグインを極力使用するようにしているとの事で、他のパッケージ管理ツールと違ってインストールも早くなっています。

パッケージのインストールは「/usr/local/Cellar」に全て格納されるようになっています。

ただ、他のパッケージ管理ツールと比べると対応しているパッケージが少ないみたいです。

Homebrewをインストールする

早速Macにインストールしてみます。

コマンドで「brew」を使用できるようにします。

インストールするには下記のコマンドを貼り付けるだけでインストールが完了します。

sudoなどの権限はいらず、そのまま貼り付けるだけでインストールできます。

念のため、Homebrew公式サイトで確認してください。

実行していくとパスワードを聞かれる場合があるので、その際はMacに設定しているパスワードを入力してください。

homebrew1

Homebrewを実行するにはツールが必要になるので「インストール」をクリックします。

すでに、インストールされていればこの画面は表示されません。

homebrew2

「同意する」をクリックするとインストールが開始されます。

homebrew3

インストールが完了したら「完了」をクリックして画面を閉じてください。

ターミナルでは、Homebrewのインストールが一時中断状態で下記のように表記されていますのでReturnキーを押すと引き続きインストール作業が実行されます。

下記が表示されればインストール作業は完了です。

正しくインストールされているか確認する

下記のコマンドを実行し、バージョン情報が表示されていることを確認してください。

インストールした時点のバージョンが表示されれば完了です。

さいごに

HomebrewはPhalconをインストールしようとして初めてしったコマンドなのですが日々進化しているという事ですね。

そもそも、Macに開発環境構築する人しか使わないコマンドだと思いますが…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. おびゎん より:

    >Homebrewの特徴は、依存関係を極力少なくしているとのことです。

    これ、とっくに崩壊していると思います。

    むしろ、Fink の方がバイナリでインストールできるので速いし、ムダなビルド関連ツールが入らないかと。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です